HOME

カメラ

レンズ

アクセサリ

フィルムカメラ

ドール撮影講座

東京ドール新製品情報

東京ドールよもやま

ドールよもやま

コラム

単三16本を充電出来る上海問屋の充電器、便利です。

801.jpg

 ストロボなどカメラの周辺機器では単三電池を使用する物も多いです。コストを考えると充電式がいいと思いますが、多灯ライティングなのでまとめて充電となるとなかなか面倒です。そんな時上海問屋の「単三・単四 ニッケル水素充電池対応 放電機能 USB充電ポート搭載 充電器 (16本用)」が便利です。

ダブルズームレンズでドールさんを撮ってみよう!

101.jpg

 ダブルズームレンズキットは広角の18mmから望遠の200~300mm迄をカバーしますので様々なバリエーションの写真を撮影することが出来ます。初めてカメラを使う人に便利なだけでなく、中上級者にも撮影機材をなるべく軽くしたい時重宝するレンズです。今回は「PENTAX SMC DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」「PENTAX smc DA L 55-300mmF4-5.8 ED(楽天でも在庫を見る)」を使用して撮影してみます。

Nikon D3400で撮れないドール写真はない

801.jpg

 現在は入門機と言えども大変高画質で高性能です。むしろ細かいことを言わなければコストパフォーマンス最高、軽くて持ち運びに便利と大変良いカメラなのですが、「高いカメラ=良いカメラ」という間違った認識が多いのもまた事実です。時速300km/hで走ってくるF1を確実に仕留めなくてはならないプロなら話は別ですが、良い写真が撮れるまでじっと待ってくれるドールが被写体ならD3400で撮れない写真はないと思います。

Nikon D5600をドール者目線で見てきた

5600.jpg

 先日「Nikon D5600」を見てきました。NikonのD5x00クラスはバリアングルモニター付きでコマンドダイヤルダイヤルが一個という以外はプロのサブ機でも利用可能な位の高性能なのでドール写真にはおすすめのクラスなので、久々のモデルチェンジは私的にも気になっていました。

PENTAX K-1を購入してから半年が経った感想

p01.jpg

 「PENTAX K-1」を購入して約半年が経ちました。昨年の今頃は某社のカメラオンリーだった防湿庫がすべてPENTAXに変わりました。マウント全交換は後悔や後戻りが出来ませんので少しずつ慎重に実施しましたが、ドール写真を撮るという現在のカメラの使い方なら後悔無し、満足しています。という訳で今日は気に入った「PENTAX K-1」をドールと何枚か撮影してみました。

PENTAX K-70を購入したのでK-rと比較してみた

201.jpg

 「PENTAX K-70」は発売直後サービスセンターから一台借りてきてK-70のレビューを行ったが、やはり使ってみると欲しくなる。という訳で「PENTAX K-70」を購入した。自分の物になりじっくり使ってみると「PENTAX K-70」の良さが分かるが、一方で旧型機「PENTAX K-r」もなかなかいい仕事をすると思う。という訳で今回は両者を比べてみた。

久寿川ささらと機材試写にお出掛け

701.jpg

 「Toheart2 「久寿川ささら」」と撮影に出掛けてきました。今回は「PENTAX K-70」と「PENTAX smc DA L 55-300mmF4-5.8 ED」の試験的撮影です。

PENTAX and Nikon純正ワイドコンバータNH-WM75

801.jpg

 「Nikon純正ワイドコンバータNH-WM75」はフィルター径52mmのレンズやアダプターを使用すれば52mm以下のレンズに使用できる。「PENTAX SMC DAL 18-55mm F3.5-5.6 AL」のフィルター径も52mmなので使用できると思い早速装着してみた。

久寿川ささらと冬の紅葉を見に

q01.jpg

 「Toheart2 「久寿川ささら」」と冬の公園に行って来ました。既にあちこちで紅葉は終わっていますが、一区画だけ紅葉の残っている場所があったのでそこで撮影してみました。

シリコンボディはソフビと比較して色移りしにくい

z3.jpg

 今日は撮影時に誤って「Toheart2 「久寿川ささら」」を転倒させてしまった。そこで汚れた服を洗ったところ結構色が出てきた。しかしこの娘は2月でお迎え1年になるが、ボディへの色移りは皆無。油断はいけないが、東京ドールのシリコンボディはソフビと比較して色移りしにくそうだ。

屋外でドール写真を楽しもう!

0503.jpg

 外でドールを撮影するというのは室内で撮影するのに比べ少し勇気が要るかもしれません。なのでもし気が乗らなければ無理に撮影する必要はないと思います。写真の楽しみ方は人それぞれ、無理に外で撮影する必要は全くないのです。

室内でドール写真を楽しもう!

z3.jpg

 ドール写真といっても様々なジャンルがあります。外で撮影する人もいれば、室内で撮影する人も居ます。またドールをどう撮るかによってもジャンルが分けられると思います。今回は室内の撮影を二つのパターンに分けて紹介します。さあ、貴方はお気に入りのあの娘をどう撮ってあげたいですか?

予算別 初めてのドール用カメラ

| コメント(0)

0601.jpg

 初めてのドール写真用カメラを何にするかという話なのですが、実際市場に並んでいるどのカメラを買っても綺麗に撮れます。ドールを撮影するのに適さないカメラはないので「現行カメラなら何を買っても大丈夫です」が答えなのですが、それではあまり答えになっていないので今回は価格帯で紹介したいと思います。

東京ドール 久寿川ささらと天覧山~多峰主山 2

q11.jpg

前回に続いて天覧山~多峰主山の山行です。多峰山山頂から下山、入間川を渡り飯能駅へと戻ります。

東京ドール 久寿川ささらと天覧山~多峰主山 1

q5.jpg

 「ドールは健康に良い」を実践する為に「久寿川ささら」と天覧山~多峰主山を登ってきました。本当にドールは健康に良いですね!!

リクと野川のコスモスを見物に 3

1.jpg

 「ポップメイト 「リク」セーラー服バージョン フルオプションセット スキン・ピンク」とコスモスの写真も今年分はいよいよ最後です。前回前々回の場所とは異なり群生している場所を見つけたのでそこで撮影してみました。

リクと野川のコスモスを見物に 2

h1.jpg

 前回に続き「ポップメイト 「リク」セーラー服バージョン フルオプションセット スキン・ピンク」とコスモスの写真です。1枚目は「PENTAX K-1」のカスタムイメージをほのかに設定、更に露出をオーバーにして柔らかい雰囲気に仕上げてみました。

リクと野川のコスモスを見物に 1

j1.jpg

 今日は「ポップメイト 「リク」セーラー服バージョン フルオプションセット スキン・ピンク」を連れてコスモスを撮影に行って来ました。10日にかなり満開だったので既に花はまばらになっていましたが、リクにとっては初めてのコスモスです。

PENTAX auto110はドールサイズの「バケペン」

b2.jpg

 「PENTAX AUTO110」というカメラがあります。110フィルムを使用するいわゆる「ポケットカメラ」ですが、レンズ交換が出来たり、ワインダや専用ストロボもあったりと今の「PENTAX Qシリーズ」に通じるコンセプトです。これがドールにとっては横幅が広いですが「バケペン」サイズです。

「ドールスナップ」しよう!

d1.jpg

 空の綺麗な秋、ただ風景をとっても良いのですが、1/12~1/6サイズのドールを連れて出掛けるともっと楽しくなります。1/12~1/6サイズのドールと小さなカメラなら仕事用バッグの中に忍ばせることも出来ます。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

写真集Amazonで発売中

DOLL & PENTAX

■ FULL SIZE(予算30~40万円位)

B01BWB4NSAPENTAX K-1 ボディ
リコー 2016-04-28

PENTAXデジカメ史上最強、フルサイズ。

楽天で最安店舗をチェック

■ APS-C(予算6万円台~10万円位)

B01MR8YP0K PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【ブラック】 KP BODY BLACK 16020
ペンタックス 2017-02-23

PENTAX最新機種。高画質、高性能、軽量APS-C。

楽天で最安値を見る
B01GQY46MGPENTAX K-70 DA18-135mmWRレンズキット 【ブラック】
ペンタックス 2016-07-22

高画質、高性能、軽量APS-C。

楽天で最安店舗をチェック

■1/1.7(予算4万円台~5万円)

B00MFD077GPENTAX Q-S1 ズームレンズキット ピュアホワイト
リコー 2014-08-28

小さいけどレンズ交換も、マニュアル撮影も出来る本格性能。軽くて楽しい一眼ミラーレス。

楽天で最安店舗をチェック

書籍

リンク集

東京ドール写真館

日本ドール写真作家協会

アーカイブ

筆者紹介

senoo.jpg

妹尾 好雄(せのお よしお)

 仕事でいくつか名前があるので「あ~○○さんね!」となる事もあるかもしれません。職業はカメラマン等です。PSP会員。

 機材紹介の他、ドール写真を撮る時の、プロっぽく撮影出来るテクニックなども紹介していければよいかなと思っています、どうぞ宜しくお願いいたします。

もっと見る

TWITTER

Powered by Movable Type 6.0.3