PENTAX 3.2mm F5.6 03 FISH-EYE レビュー

投稿日:  

f1.jpg

 前回、持ち運びの便利さから外でドール撮影するお供に「PENTAX Qシリーズ」(現行はS1 )をおすすめしたが、折角レンズ交換できるカメラだけに1本交換レンズを買うとしたら「PENTAX 03 FISH-EYE 」をおすすめ。実売9000円前後で魚眼レンズの世界が楽しめる。Qシリーズユーザの特権だと思うのだ。

f2.jpg

 実売9000円、Kマウント純正の「DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF] 」が4万円台で安すぎると思うだろう。実はこのレンズは「トイレンズ」と割り切ってマニュアルフォーカスとし、絞り固定、レンズシャッターもレスされている。オートフォーカスが無いが、Qシリーズの被写界深度がそもそも深いし、魚眼レンズは更に被写界深度が深いので目分量でなんとかなる。また本体のモニタに拡大機能もあるのでそれを使用して確実なピント合わせも出来る。

 どこのメーカのカメラでも魚眼レンズは一本4万円前後以上だ。面白い描写なので挑戦してみたいと思っても使う頻度が少ないのでなかなか買えないのが実情ではないだろうか。しかし9000円位なら趣味で一本持ってもいいレベル、臨時収入で買えてしまいそうだ。

f3.jpg

 トイレンズなので見た目はそれ程格好良くない、価格相応だ。しかしレンズで重要なのは見た目じゃなく、どんな写真が撮れるか、幾つか実際に撮影した写真を紹介する。

f4.jpg

PENTAX Q 」+「標準ズームレンズ 02」(ISO250,1/800,f4)

 付属の標準ズーム広角側(5mm)で撮影したのが上の写真だ。これを「PENTAX 03 FISH-EYE 」で撮影するとこんな感じになる。

f5.jpg

PENTAX Q 」+「PENTAX 03 FISH-EYE 」(ISO250,1/320,f5.6(固定))

 地平線が湾曲して独特の雰囲気になる。ちなみに湾曲は画面端に行くほど大きくなる。マニュアル操作をしなければならない、絞り固定とか細かな欠点より魚眼独特の世界が見れることの方が嬉しい。

f6.jpg

PENTAX Q 」+「PENTAX 03 FISH-EYE 」(ISO160,1/40,f5.6(固定))

 もう一枚夕焼けをテーマに撮影してみた。レンズの特性上画面端の雲が流れて画面に動きを与えている。ドールは左端に配しているが、この位置だとかなり像が歪むので作例の様なシルエットや後ろ姿の方がいいだろう。

 1万円弱の出費で魚眼レンズの世界が楽しめるのはQユーザの特権だ。標準ズームにプラス一本というなら私的には単焦点標準レンズよりこの魚眼だ、単焦点標準はそのあとでいいと思う。もし魚眼レンズに興味が出たら是非この特権を教授して欲しい。

icon icon
PENTAX 3.2mm F5.6 03 FISH-EYE icon

ビックカメラで見る icon(新品)

カメラのキタムラで見る(新品・中古)

マップカメラ見る(新品・中古)

Amazonで見る (新品・中古)

レンズを選ぼう関連記事

  • 今新品で買えるパンケーキレンズ色々
  • EF50mm f1.8は破格で単焦点の良さを味わえるレンズ
  • PENTAX Q × Nikon ワイドコンバーターNH-WM75
  • Nikon純正ワイドコンバータNH-WM75レビュー
  • Nikon1 × Nikon ワイドコンバーターNH-WM75
  • PENTAX 標準単焦点レンズ 01 STANDARD PRIMEレビュー
  • HOLGA HL-N 60mm F8でトイカメラの雰囲気を再現
  • Nikon マウントアダプター FT1レビュー 2
  • OLYMPUSブースでドール撮影(CP+)
  • Nikon マウントアダプター FT1