AF-S DX NIKKOR 18-55mm VRを自分で軽修理

| コメント(0) | トラックバック(0)

a1.jpg

 昨日岩場で撮影時に手を滑らせカメラを20cm位の場所から落としてしまった。「Nikonのカメラだし落としても大丈夫だろう」(注:本気にしてはいけませんw)と自分に言い聞かせ操作してみるが、なんか違和感を感じる。カメラ本体は無事だが、どうも「Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 」が壊れたようだ。今回は適当に補修してみたが、大切な撮影用にはあまりオススメ出来ない。あくまでも分解、補修は自己責任で参考にして頂きたい。

a.jpg

 レンズの先端を手で触ると5mm位グラグラする。正常でも多少はグラグラするのだが、これは間違いなくおかしい。多分前端部の部品が折れたか何かで留まっていない感じだ。どうせ遊び用のレンズなのでダメ元で中を覗いてみる事にした。

a3.jpg

 まずは前玉を外す。この様な専用工具 があるのだが、こんな事になるとは思っていなかったので持っていない。とりあえず滑り止めマットを利用して無理矢理前玉を外す。(真似しない方がいいと思う、ちゃんと専用工具 を買おう。)

a4.jpg

 前玉を外すとこんな感じになる。

a8.jpg

 前玉。銀色のワッシャーはピントの微調整をしているパーツだと思うので曲げたりしないように大切に扱おう。またレンズに傷が付かないように作業中は安全な場所に保管しておこう。

a5.jpg

 銀色の部品はズーミングの際、筒を前後させる機構の部品だ。グラグラする場所のカラーが欠損していた。多分衝撃で割れて外れてしまったのだろう。カラーが無い分遊びが大きくなってグラグラしているようだ。

a6.jpg

 更に内部を見ると二つに割れたカラーが落ちていた。

a7.jpg

 電気端子のカシメパーツや伸縮チューブを駆使してカラーを作成、瞬間接着剤で留める。瞬間接着剤は他の場所に付くと動かなくなってしまうので爪楊枝で慎重にのせていった。グラグラも無くなりズーミング、ピントリングの動作も良好、どうやら直せたようだ。再び前玉を取り付け、レンズをアルコールで清掃、早速試写してみる。

a9.jpg

 あおいちゃんの右目にピントを合わせて撮影してみた。かっちりピントの来たニッコール本来の描写が回復した。

Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

ニコン 2008-02-22
売り上げランキング : 10392

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 中古だと1万円を切るレンズだが、描写も良く、軽くて持ち運ぶのに便利なレンズ。無いと不便なレンズだけに落下直後は買い直しも考えたが、修理も無事に出来たのでもう少し使えそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jdnet-go.jp/mt/mt-tb.cgi/4414

コメントする

この記事について

このページは、jdnetが2015年6月 8日 23:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自分で白黒フィルムを現像してみよう(作業実践編)」です。

次の記事は「AF-S DX NIKKOR 18-55mm VRを自分で軽修理 2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3